12星座

おひつじ座 (3月21日~4月19生まれ)

投稿日:

stretching-1560303_640

おひつじ座の特性

サイン(星座)とは、人間の心理を12に分類したものです。実際の星座をコンステレーションというのに対して、占星術では「サイン」と呼びます。西洋占星術で見る12星座の特性をみていきます。

おひつじ座 サインの意味

スタート、純粋、情熱、リーダーシップ、単純、無謀

【属性】火・活動宮
【支配星】火星

大胆にして正直、正義感に溢れる強い生命力を持っています。行動は、とても機敏で瞬発力があります。多少の障害はものともしないのですが、成功にむかって突き進む方法があまりにも性急です。そのため、自分の考えのみが先走ってしまいがちです。他人の気持ちがみえないこともしばしば起こります。

おひつじ座の恋愛傾向

牡羊座は火の性質です。そのため、とても情熱的な恋愛を好むのです。激情的に愛したかと思えば、あっという間に冷めてしまっているということもありそうです。
燃えているときは、その人にしか目に映らず猪突猛進のごとく、積極的に行動をしていくことでしょう。無理なことでさえも可能にしようとする恋愛をします。周りをまきこむほどのエネルギーかもしれませんね。ところが、いったん冷めてしまうと全く見向きもしなくなってしまうほどなのです。

おひつじ座のビジネス傾向

おひつじ座は、12星座の1番目という点からも”開拓者”という使命を持って生まれています。ゼロから築きあげる能力を備えているために、パイオニアとして、名をはせる人も多いでしょう。また、社会的にもリーダーシップを発揮することが多いでしょう。先見の明、勇気、行動力がポイントです。新規の企画や商品開発、新しいクライアント、社内初、業界初の立場に挑むことが得意です。一方では、無謀なことをやってしまう傾向もあるので反感をかったり、トラブルのもとにもなりかねません。







-12星座

Copyright© どんな人生にしたい?星読み☆心のサプリメント , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.