ハウスシステムについて

ハウスシステムとは

投稿日:2016年12月5日 更新日:

82cd180bc1a563b74362467bdfa2b96e_s

ホロスコープを少し勉強したことがある人は、「ハウス」という概念を聞いたことがあるでしょう。これは、占星術師たちによって12に分割したものを指します。
12星座をマップの上に書いて、また新たな線で区分し「具体的な人生や活動」を読み取るときに使います。このチャートをどのように分割するかは占星術師によってもさまざまです。

ハウスシステムとは何?

ハウス(室)は、簡単に表すとマンションの部屋を区切っているようなイメージです。食事を作るキッチンやお風呂があったりとそれぞれの部屋で役割が違うということです。

出生ホロスコープを書いたときにまず、「アセンダント」という概念があります。これは、自分が生まれたときの東の空にどんな星座があったのかを示します。ハウスは、このアセンダントを基準に作られていきます。そのため、正確に生まれたときの場所と出生時間がわからないと特定できません。
アセンダントが、第1ハウスの基準点となります。そこから不思議な区分けで12分割されます。

ハウスの分割方法には、下記のような種類があります。どのハウスシステムを採用しているかは、それぞれの占星術師によります。

イコール・ハウス(Equal House)
キャンパヌス(Campanus)
レジオモンタヌス(Regiomontanus)
ポルフィリィ(Porphyry)
アルカビティゥス(Alcabitius)
プラシダス(Placidus)
コッホ(Koch)
メリディアン(Meridian)

ここでは、プラシダスを基本にお話ししています。
アセンダントを第1ハウスとして、そこから逆時計回りに第2、第3・・・と割り当てています。第10ハウスは、「MC」、「天頂」と呼ばれるポイントとなります。

それぞれのハウスに入った惑星の持つエネルギーが具体的にどんな環境でどのように発揮されるのかを表すものです。

12のハウスの意味は?

ハウスは、第1~12まで分割されています。
ホロスコープは、先ほども述べたように誕生の瞬間の太陽惑星の配置を示します。そのため、誕生した時間と場所から算出され、12星座がそれぞれに割り当てられます。また、誕生時の10惑星の位置はそれぞれ12星座のどこかに入ることとなります。この惑星の星座をそれぞれに収められたものがホロスコープです。

12室の具体的な読み方は、大まかには次のようなものです。

第1ハウス

その人自身

第2ハウス

稼ぐお金

第3ハウス

基礎学習

第4ハウス

家庭と家族

第5ハウス

恋愛

第6ハウス

労働

第7ハウス

配偶者

第8ハウス

遺産

第9ハウス

海外

第10ハウス

人生の方向性

第11ハウス

友人、知人

第12ハウス

隠しごと

それぞれのハウスのところでもう少し具体的に細かく説明していきます。







-ハウスシステムについて

Copyright© どんな人生にしたい?星読み☆心のサプリメント , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.