星座と神話のお話

蟹座の神話

投稿日:2016年12月4日 更新日:

%e8%9f%b9%e5%ba%a7

かに座の神話

かに座は、ヘラクレスに踏みつぶされた化け蟹、カルキノスが星になったといわれています。

大神ゼウスの妻である女神ヘラは、ヘラクレスが夫の愛人の子どもであることをこころよく思っていませんでした。ヘラは、ヘラクレスを錯乱状態にさせ、自分の妻と子どもを殺させました。我に返ったヘラクレスは、悲観しゼウスに相談に行きました。ゼウスは、エウリステウスのもとへいくように伝えました。エウリステウスは、”12の難行”であるヒュドラ退治を与えました。

ヒュドラは、8つの首をもつ大蛇でした。不死の首をもつヒュドラをなかなか退治することはできませんでした。ヘラクレスは、甥のイオラオスに協力を仰ぎ、首を燃やすことができました。この様子をみていたヒュドラの友達カルキノスは、自分のはさみでヘラクレスの足を切ろうとしました。

ところが、圧倒的に強かったヘラクレスはカルキノスを踏み潰してしまったのでした。ヒュドラもカルキノスも無残にも死んでしまいました。

このことを哀れに思ったヘラがふたり一緒に星にしたというのがうみへび座(ヒュドラ)とかに座(カルキノス)といわれています。

かに座の人は、明るくバイタリティーあふれているといわれています。これは、果敢に闘ったカルキノスの性格からきているのかもしれませんね。







-星座と神話のお話

Copyright© どんな人生にしたい?星読み☆心のサプリメント , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.