星座と神話のお話

山羊座の神話

投稿日:2016年12月4日 更新日:

%e5%b1%b1%e7%be%8a%e5%ba%a7

山羊座の神話

山羊座の山羊は、羊と羊飼いの神パーンの姿だとされています。

上半身が人間で、頭部と下半身がヤギというパーンは、母はニンフ(精霊)のドリオペです。父は、ゼウスともヘルメスともいわれています。生まれたときから山羊髭を生やした年寄りのような面相です。赤ん坊のときに母親がおっぱいを飲ませるのさえも嫌がったほどだったといいます。

あるとき、ナイル川のほとりで神々が酒宴をしていました。陽気なパーンも得意の葦笛を吹きました。神々は、これに合わせて歌ったり、踊ったり。ところが、大いに盛り上がっていたその酒宴にトラブルが起こってしまったのでした。

なんと、巨大な怪物のデュポンが大暴れしながら飛び込んできたのでした。ゼウスさえもデュポンをもてあましていました。これには、神々も大慌て。逃げ回るほどのパニックになりました。パーンもこの中におり、慌てて魚に変身してナイル川に飛び込んだのでした。

でも、慌てすぎて、水に浸かった下半身だけしか魚になることができなかったのでした。しかも、水面から見える上半身は山羊の姿です。あまりにも滑稽な姿に本人は気づいてたのかどうか。

神々は、この姿を見て大笑いでした。もちろん、ゼウスもでした。この姿を記念にしようと天に上げたのが山羊座だといわれています。

山羊座の性格は、一見おとなしいようでその裏では激しい攻撃性を秘めています。







-星座と神話のお話

Copyright© どんな人生にしたい?星読み☆心のサプリメント , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.