星座と神話のお話

射手座の神話

投稿日:2016年12月4日 更新日:

%e5%b0%84%e6%89%8b%e5%ba%a7

射手座の神話

射手座は、半人半馬のケンタウロス族のひとりケイローン。

彼の父は、神クロノス、母はニンフ(精霊)のフィリラです。クロノスが妻の目を逃れるために、馬の姿でフィリラに会いに行ったことから半人半馬の姿で生まれたとされます。

そのため、一般的には野蛮な性格のケンタウロスですが、ケイローンは例外的な存在であるといわれています。長じるにつけ、ケイローンは太陽の神アポロンとその妹である月の女神アルテミスから、音楽、医術、予言、狩猟などさまざまな技術を学んだのです。
こうして、賢者として尊敬されるようになった彼は、ヘラクレスやカストル、アキレウスなど多くのギリシャの英雄たちに教育を施したのです。

ところがある日、ヘラクレスの放った矢が誤ってケイローンのひざに当たってしまったのです。この矢にはなんとヘラクレスが倒したヒュドラの毒が塗られていたのです。たちまち、この毒がもとでケイローンはもだえ苦しみだしました。
この毒は、かすっただけでも死にいたってしまうといわれています。このヒュドラの猛毒でさえも、ケイローンは死ななかったのです。それは、神の子であるため、死なない身だったのです。

痛みに苦しむケイローンをヘラクレスは見かね、ゼウスに祈り、不死を解いてもらったのでした。こうして、ようやく痛みから解放されたケイローンは、冥府へ赴こうとしたのですが、死を悼んだゼウスが天に上げ、星座としたのでした。

射手座の人が意外に深い見識と思考力を持つのは、アルテミスからさまざまな知識を学んだことに通じるのかもしれません。また、目的に向かって矢のごとく前進する姿はケイローンの姿からきているのかもしれませんね。







-星座と神話のお話

Copyright© どんな人生にしたい?星読み☆心のサプリメント , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.